【台風・大雨対策】雨に濡れたスーツの扱い方

台風圏内にいらっしゃる社会人の皆様、お疲れ様です。

一昔前は、台風が来る前に、
食材を買い込んだり、木の扉を打ち付けたり、
台風対策をして、お店もすべて休みだったはずですが…

365日、24時間営業しているのは便利ですが、
「労働者」には優しくないですよね・・・
そんな世の中のあり方も、お直しが必要かもしれません。

「危険だから『警報』が出ているのに、学生しか休みじゃなくて、
大人は出勤しているってオカシナ国だね。大人だって危険なのに。」と、
以前台湾の方に言われましたが、
本当にそうだなぁ~…なんて思ってしまいます。

風が強ければ、歩けず飛ばされてしまうし、
看板などが飛んできて当たる可能性もあります。

「大人だから大丈夫」なモノではありませんからね。
みなさまも十分注意されて下さいね。

こんな暴風雨の中、家族のために頑張って出勤されている皆様、
本当にお疲れ様です。

最近は、レインコートや雨具に長靴姿の方々を多く見受けます。
とくにスーツは雨で濡れるとやっかいですよね!

びしょ濡れになったら、まずはタオルなどで水滴を拭いて、
しっかり乾かして下さいね
。(・・じゃないと、型崩れ&匂います)

スーツを乾かすコツは、風通しを良くすること。
とくにパンツは専用のパンツ(ズボン)用のハンガーが便利
です。

雨具で対策することは必須ですが、
定期的にしておきたいのが、「防水加工」です。
クリーニング屋さんなどで、 頼んでみると良いですよ。
スーツのお手入れが楽になります♪

カテゴリー: スーツスタイルのアドバイス, 日常の事 — admin 11:31 AM